主人公の青年(尾上右近)が、人生の転換点にひょんな理由から朗読教室にいくはめに。

そこで、ミステリアスな朗読の先生(佐津川愛美)に出会い、教室の仲間と出会い、朗読そのものの言葉の魅力に出会う。

ちょっと不器用な主人公が、人生を前向きに変えていく。

そして、いつしか惹かれ合っていた先生との恋の行方は……